相続してお金がはいったことは助かった

相続をした時に、その人のお金を相続できるととても助かります。

それは、なんといっても実際にその後に費用が必要となるからです。亡くなった人の葬式をする時も費用が必要となります。突然のことになると、そのことで葬式費用がないととても困りますね。

そんな時、相続できるお金があると、それを使うことができるからです。とりあえず、自分が費用を出して後から貰う形になりますね。

また亡くなった人の、その住宅の始末についても大変なのでそのことでも費用が必要です。散らかっていたりすると、何十万も費用として必要となります。

自分で片付けていると、体を壊すことにあります。家具などは、持つことができないので不用品回収を依頼することになるのです。そんな時も、かなりお金が要ることをしっておきます。

そしてもちろん、司法書士に支払うお金も必要です。そのお金についても、誰かが支払うことになるので相続した分から支払った人が貰うことになります。