妻の私には相続の権利はありません

主人は3人兄弟(男3人の二男)です。
両親は健在です。

実家は200坪に立派な平屋、他に110坪の土地と90坪の土地があります。

1年ほど前、長男と殴り合いの流血を伴う喧嘩の末、私達は90坪の土地に家を建てる事になりました。

両親、三男は了承済みです。
長男は一度は了承したはず(両親の前で)ですが、後になってそんなのは許さん・・・と。

それ以来仲の良かった長男と私の主人の間は離縁状態です。

家を建てる前、相続どうこう、という以前にこんなもめ方です。
実際、相続の時を迎えたら。。。そう考えると不安です。

妻の私には相続の権利はありません。
ただ、このまま争続になってはあまりにも悲しすぎます。

私達は家を建てますが、その土地の名義は義父から変えるつもりはない、と、義母に言われました。

上記の兄弟喧嘩に巻き込まれ大けがをした義母ですが
『あまりあれこれ今から考えてもしょうがない』という言い分です。
その言葉に、驚いて何も言えませんでした。

長男はかなりの暴君で、いつか私達の住居(の建っている土地)を脅かすようなことを言ってこないか、とても心配です。

この問題はいつの間にか親戚中に知れ渡り、先日叔父(義父の兄)に
『心配なら公証役場にいって、遺言書を作ってもらえ』

と言われ、

お付き合いのある税理士さんに 『義父が65歳になったら生前贈与してもらえ』 と勧められました。